Road to TOEIC 860

TOEIC受験までの道のり

大学生の頃、塾講師として英語を教えていました。そんな私が初めてTOEICを受験したのは、2007年の4月。初めてのTOEICは490。月日は流れ、今一度受けてみようと思い受験、結果は425と大惨敗。あくる日、車好きの私に転機がやってきました。それは、


F1 Teamで働いてみないか?


と言うもの。勢いだけは自信があったので、家族にも相談せずにすぐに応募。無事に書類審査も通り、人事と面談。そのときに聞かれたのはやはりTOEICのスコアでした。


このスコアでは、コミュニケーションするのが難しいと思うけど何かしているの?


苦し紛れに言い放った私の回答は、


コミュニケーションをしなければ生活できない環境に置かれれば誰でも話す努力をします。その環境だからこそ英語が話せるようになると思います。話せるようになれる自信はあります。


と。今思うと、仕事ですので言葉が通じるようになるのを待ってはくれないです(苦笑)。結果は言うまでもなく、落選。この人事面接の後が、直接F1チームとの面接でした。若気の至りと言いますか、勢いがある?ので落選の理由を直接人事に問い合わせました。そのときの回答は、


単純に、英語があまりにPoorだからです。海外での仕事ですので厳しく評価させて頂きました。


との事でした。正直、悔しかったです。英語が話せないだけで落ちるのか、と。言葉は悪いですが、勉強のできない日本人だって難しいと言われている日本語を話せます。アメリカ人だって同じです。微分積分ができないアメリカ人だって英語は話せるのです。


その言葉を使う環境だけでその言語が話せるようになる。誰でも話せるようになる!


と思ってからは、毎日英語の勉強をしました。これが私の英語の勉強をし始めた理由です。